【冬対策】水道・給湯器の水抜き作業

こんにちは!賃貸管理担当のタカハシです。

12月も半ばに入り、気温もかなり下がってきました。冬時期になると心配になってくるのは給湯器・水道の配管の凍結による破損です。

配管の凍結による給湯器の破損

配管の水が凍ることにより膨張してしまうことが破損の原因です。水が流れていれば凍ることはありませんので、夜冷えて凍りそうなときは少し水栓を開いて水を流しておくことで凍結防止になります。また、給湯器にはヒータ線が巻いてあることもありますので、年末年始など長期間留守にする場合にもブレーカは下げないでください。

対策

空き部屋においては弊社管理物件では給湯器・水道管の水抜きを行います。追い炊き付き給湯器の場合には浴槽の水をはっておくと、温度が下がると自動的に水を循環させる凍結防止装置が付いている場合もあります。その場合には浴槽の丸い給水のところ以上に水をはっておいてください。

応急処置

もし凍結してしまったら配管にタオルを巻いてお湯をかけて溶かしてみてください。配管が破損していなければそのまま使用できることもあります。念のため、管理会社に連絡して専門業者にチェックされた方がよいかと思います。また、賃貸契約時に家財総合保険に入っている方は保険内容により修理費が出る場合もありますので併せてご確認ください。

保険

弊社管理の賃貸物件では1事故10万円を限度に水道管・給湯器・便器の凍結による損害に修理費が出る保険をご用意しております。

以上、冬の給湯器・水道管の凍結防止の話しでした。

コメントを残す